備わっている基本機能

備わっている基本機能

備わっている基本機能 運送業管理システムに備わっている機能は、どのメーカーのどの機種を使うかによってその詳細は異なります。ただ、一般的に共通して備わっている基本機能はいくつかあります。
たとえば、データベースをもとに作成したシミュレーションを通して無駄のない的確な運行計画を割り出す運行管理を行うことが可能です。これにより、運行計画作りにかかる時間を削減できます。
また、綿密なシミュレーションによる効率的な配車の実現や、交通情報とともにドライバーの現在地を把握できる勤怠管理を行える場合が多いです。

加えて、ドライバーの運転特性やクセを把握することで安全運転管理をサポートしてくれたり日報作成、そのほかにも運送業管理システム上で管理されているさまざまな情報やデータを分析し、その結果をレポート形式でまとめてくれることもあります。さらに、システム上でドライバーひとりひとりの運転手台帳を作成できることも多く、健康診断結果や免許の更新機などもまとめて管理可能な点も魅力です。

コスト削減が可能になる運送業管理システムのメリット

コスト削減が可能になる運送業管理システムのメリット 運送業管理システムは、受注情報や運行情報、そして経費の情報などをまとめることができるとても魅力的なものです。一元的にデータを管理できるようになるため、大幅なコストカットに繋がります。実際に、運送業で取り扱うことになるほぼすべてのデータを一元化できるようになりますので、面倒な作業やデータの共有を行う必要がありません。それまでのデータ管理では、人材を確保してそれぞれのデバイスで保守しなくてはいけませんでした。

データを共有したいときには、記録媒体などを利用してわざわざ保存したり、それを必要なスタッフに届けなくてはならないなど面倒なことも多かった背景が存在します。しかし、最新の運送業管理システムの中にはクラウドサーバーを利用できるものも登場しています。クラウド上にアクセスできるスタッフであるのならば誰でもデータを共有でき、しかもバックアップも可能です。コストや業務の短縮、そして効率性の向上などメリットは非常に多いです。