運送業管理システムを導入してみませんか?

ドライバーの安全意識を高める

ドライバーの安全意識を高める 運送業管理システムは、導入することで運行計画業務の効率化や売り上げ向上、経費削減といったメリットが得られますが、ドライバーの安全意識の向上につながるというメリットもあります。
運送業管理システムには多種多様な機能が搭載されていますが、車両ごとにスピード超過・急発進・急ブレーキなどの発生を記録するとともに、各運転手の運転特性やクセを把握することも可能です。
これにより、運転手のスキルの評価が容易になるとともに、的確な指導が可能となります。
また、運送業管理システムの中には、スピード超過や急発進などの危険な運転が発生した際に、管理者にアラートメールが送信される機能が搭載されているものもあるので、運転手の安全運転に対する意識は自然と向上します。
運送業において事故の発生は可能な限り防がなければならないものですが、運送業管理システムを導入することで各ドライバーの安全意識が高まるので事故の削減につなげることが可能です。

確実な労務管理も運送業管理システムのメリット

確実な労務管理も運送業管理システムのメリット 事業所の外で業務を行うドライバーの勤怠を管理することは、アナログ作業では非常に難しいです。
自己申告による勤務時間ですと、正確でなかったり場合によっては虚偽の申告をされる可能性もあります。
そのような時に便利なのが、運送業管理システムです。
この運送業管理システムを使えば、各ドライバーの出勤時間や退勤時間、あるいは休憩時間や実労働時間を把握することができますので、労務管理として非常に有用です。
労務の業務の負担を大幅に軽減することができますので、このシステムを導入するメリットが非常に高いです。
また、近年はドライバーの長時間労働が原因による交通事故が非常に多く発生しているのが現状です。
ドライバーが過度な長時間労働につながっているのか、この運送業管理システムを使えば把握・管理することができますので、安全運転にもつながります。
このように、運送業管理システムを使えば労務に関する業務が軽減されるだけではなく、安全運転にもつながるのです。