運転状況を把握できる機能

運転状況を把握できる機能

運転状況を把握できる機能 トラック輸送を行っている業界では、各トラックに対して運送業管理システムを導入していることが前提です。デジタルタコグラフとも呼ばれるものですが、現在での新しいシステムは、オンライン上で一元管理をすることが出来る他にも、各ドライバーの運転状況もリアルタイムで確認できる機能も付随しています。
GPS機能を使った方法になり、特定のドライバーがスピード超過をしていれば直ぐに判断でき、ドライバーに直に注意喚起をすることができます。この機能によって交通事故を大幅に少なくすることができ、会社側も損失額が少なくなるので新しい運送業管理システムは活躍をしています。システムが搭載されていることで、自然とドライバーも安全運転に心掛けることに成功しますが、逆に渋滞に巻き込まれてしまい、トラックのスピードが極端に遅いという場面でも、会社側で直ぐに把握できるので、その時々で最適な選択を行えます。荷主に対して遅くなるという連絡をする他に、別の便で別のルートを使って荷物を届けられる場合もあるので、運送会社の信頼感を損なわずに業務を継続できます。

運送業管理システムは輸送業務の時間ロスという問題を解決する

運送業管理システムは輸送業務の時間ロスという問題を解決する 運送業管理システムは、運送業が利用する管理すステムです。導入する企業の多くは物流を専門としており、物資の運搬の際に適切なルートの運行を管理できます。特に業務効率化にとっては優れたツールとしてクラウド型のものを採用する企業も増えています。運送業の抱えやすい問題としては、運送業務にロスが生じたり、人がルート選択することによる時間が発生することです。
例えば、宅配業者は顧客に荷物を届けるまでに遠回りなルートで進むのか、それとも最短を一瞬でシステムが判断するのかで大きく違います。さらに、システムでいまどこに荷物があるのか管理者や顧客がわかることで業務の効率化や顧客満足度にもつながるのです。
BtoB事業で物資輸送をする業者にとっても同じです。荷物がどの時点でどの車両に移行したのか、どの道を走っているのかわかれば管理がしやすくなるでしょう。物流分野ではそのわずかな差が最終的な利益の減少をもたらすのです。そのため、運送業管理システムを導入して業務上の効率の改善や問題を解決できます。